展示ブース

用途開発企業東洋レヂン株式会社

業種
製造業
業態
CNFを活用した製品開発
出展概要
創業より半世紀以上において培って参りました混錬技術をベースに、CNFと樹脂の混錬を行い3Dプリンタ用のフィラメント開発を行っています。2016年よりCNFの取組を開始しており、静岡県と共同特許を取得しております。(特開2019-026702:熱可塑性複合樹脂、該樹脂を用いた3Dプリンタ用フィラメント及びそれらの製造方法)
ベースとなる樹脂はPE(ポリエチレン)を使用しており、PP(ポリプロピレン)を含めたオレフィン系樹脂での対応が可能になります。
当フィラメントをユーザー様にも使用して頂き、ご意見を伺いながら社内でフィードバックし、3Dプリンタ初心者の方でも「簡便に使えるフィラメント」を目標に開発を進めております。
展示1
東洋レヂン株式会社 事業概要
弊社の主な事業内容としましては、下記となります。
①プラスチック射出成形
成形機:20t~180tを所有しており、特徴としましては、クリーンルーム内での精密な射出成形が可能であり、また成形が難しい材料(軟質塩ビ)にも対応しております。
②プラスチック原料着色
押出機:50~70mmを所有しており、様々な樹脂の着色・MB化対応、小LOTでの対応が可能であり、また再生原料対応(環境保全の推進)の取組を実施しております。
展示2
自社ブランド品(医療機器)のご紹介
「SOMANIKS」という自社ブランド品を立ち上げ、製造・販売をしております。
この製品は、自社成形技術を応用して、「マイクロコーン」という微細突起を成形し、マイクロコーンによる皮膚刺激で痛みを治療する医療機器や、皮膚電位の変化で疾患診断を補助する器具など、皮膚科学・神経伝達を応用した開発製品シリーズです。
ソマセプト・ソマレゾンをはじめ、「Catch The Voice Of SKIN」をコンセプトに患者さんの「痛みの軽減」に取り組んでいます。
展示3
CNFと樹脂との混錬技術
静岡県と共同でCNFと樹脂との混錬に成功しました。
2016年よりCNFの取組を開始しております。混錬時の分析結果のTEM画像を取得しておりますので展示します。
この技術をベースにCNFの素材を活かした製品開発に着手しました。弊社ではCNFの強度ではなく、チキソ性に着目し3DPの材料となるフィラメントを開発することにしました。
展示4
3DP材料となるフィラメントの開発
3DPのベース材料はPLAやABSという種類の樹脂が多く使用されていますが、ノズル詰まり等の問題点があります。
この問題を解決する為、汎用樹脂であるPPやPEをベースにCNFを混錬し製品開発を行う事にしました。
展示5
汎用樹脂のデメリットとなる収縮率改善に向けて
汎用樹脂は3DP造形時に問題となりやすい収縮率が高いというデメリットがあります。添加剤等を検討し、いかに収縮率を抑え3Dプリンタ初心者の方でも「簡便に使えるフィラメント」を目標に進めています。
展示6
産学官や地元事業社様との連携
富士市CNFチャレンジ補助金を活用し、富士市CNF関連産業創出事業にも選出頂きました。また、富士市CNFプラットフォーム活動にも参加し、他業種の方とも連携しながら学校教育への地域貢献も検討しております。

商談・お問い合せ先・
企業詳細

商談情報

まずは手に取って頂ける方いらっしゃればご連絡ください。
メールでまずはご一報いただけますと幸いです。
その後打ち合わせ等の日程調整させて頂ければと思います。
(ZOOM等のオンラインも可能です。)
宜しくお願い致します。
オンライン
商談受付日時
  1. 随時受付中です。
担当部署
技術開発部
ご担当者
井出康太
担当電話番号
0545-39-1155
東洋レヂン株式会社
事業内容 医療機器・医療部品のプラスチック成形及び着色
代表者 代表取締役社長:井出茂昭 所在地 静岡県富士市厚原2104-1
代表電話番号 0545-71-2023 FAX番号 0545-71-8429

ふじのくにCNF総合展示会にご来場頂きありがとうございます。アンケートにご協力ください